お風呂でできるバストアップ

バストアップの方法には、体を動かす方法がいくつかあります。
わかりやすく分類すると、体操マッサージ筋トレがあります。
体操やマッサージは、バストの形を整えたり、刺激を送ることで血行を促進したり、乳腺を刺激してホルモンの分泌を促すなどの意味があります。

また、筋トレについて、バストの土台となりますので、底上げと言う意味でのバストアップがはかれます。
また、バスト上部、バストを持ち上げるための筋肉を鍛えれば、バストを吊り上げることでバストアップを達成することができます。

これらのバストアップの方法を行う場所として、お風呂場が適しているでしょう。
お風呂場は体温が上昇しており、マッサージや筋トレの効果を倍増してくれます。
また、お風呂場では基本的に裸であり、鏡もあるので、自分の体をよく観察することができます。
バストアップの効果を実感する意味でも、また正しい方法でバストアップするためにも、お風呂場は適しているでしょう。

バストアップのための運動は、激しく体を動かすものではないので、お風呂のような狭い空間でも十分可能です。
まずはお湯につかりながらマッサージをしましょう。
全体をほぐすと共に、脇の下の乳腺を刺激しましょう。
今度は浴槽から出て、へりの部分を利用して、軽い腕立てをしましょう。
膝をついた状態で、腕を肩幅より広くとり、ゆっくり状態を下ろしていきましょう。
体操については、姿勢を良くすることを意識しましょう。
例えば猫背を解消するだけでも、バストのサイズがアップすることは珍しくありません。

このページのトップへ